【重要】2017年度研修会情報はこちらをクリックしてご確認下さい

WYSH教育とは

WYSH教育とは

WYSH 教育は、15 年ほど前に、もともとはエイズ予防教育として始まったものです。

それは、その 当時の児童生徒において、性の問題が非常に重要な社会問題であったからです。 しかし、その後の、子どもを取り巻く環境の変化は著しく、人間関係の希薄化 に加えて、スマホをはじめとする、IT 機器の出現や SNS(ソーシャルネットワ ーク)の急激な拡大によって、子ども社会だけでなく、大人社会にも人間関係 の歪みが生じつつあり、それらが総合して、発達段階にある子どもに大きな影 響を与えつつあります。

また、世の中が便利になり一見豊かに見えているのと は裏腹に、子どもの貧困が大きな問題として浮上したり、家族の機能を果たしていない家庭も多くなるなど、子どもたちの置かれる状況も、学校の子どもへ の関わり方も複雑化し、益々困難さ増しつつあります。 WYSH 教育は、この間の、子どもたちを取り巻く、こうした社会的状況やニーズの急速な変化にあわせ、進化を続けてきました。しかし、WYSH 教育が扱う範囲が、このように、時とともに変化しても、絶対に変わらないものがあります。

それは、障害の有無にかかわらず、国籍にかかわらず、そして、生まれた環境にかかわらず、世の中の「すべての子どもたちが、自分のいいところに 気付いて、自信を持ち、その子らしく、自分の力で大きく羽ばたけるように応援する」という理念です。それが、WYSH 教育の最終ゴールです。

学校現場での多くの問題の解決に寄与し
WYSH 教育プログラムは進化し続けてきました

11990年から、約35万人に及ぶ質問票調査と1000人を超える面接調査の科学的分析結果

2京都大学大学院医学研究科准教授で、日本こども財団の代表である木原雅子自らが開発した「社会疫学」という方法論を基に開発

 

これまでに25万人以上の児童生徒を対象に実践。

  • 知識の上昇
  • リスク認知上昇
  • 自尊感向上
  • 学力向上、
  • いじめの減少
  • 不登校減少 など

多角的な効果が繰り返し確認され、学校現場で高い成果をあげてきました。

WYSH教育各種

掲載してあるWYSH教育は現在販売中の事例集に掲載してあるもののみです。(学力向上教育を除く)
随時更新していきます。

お問い合わせ
ご用件の方はこちらから
お問い合わせください。
TEL 075-753-4354 (平日 9:00~16:00)